Five Another Minutes イチロウQver2.0 2008

みなさまこんばんわ。

先日恵比寿までお越しいただいたみなさまありがとうございました。

ナガイネ!で勝負のフンドシブログ、今回も自分のバンド音源をネタにして、ジャズ方面にあまり馴染みのない、おそらくタンゴなかたがたへ向けて、駄文を書き垂れてまいります。

今日はコレ。

Update Required
To play the media you will need to either update your browser to a recent version or update your Flash plugin.


タイトルが「Five Another Minutes」邦題が「あと5分」。タンゴ用のタイトルは今ムリヤリGoogleで翻訳しますと「Solo me quedan cinco minutos hasta la salida. ?Y si el titulo es que no ha decidido aun.」前回の06-19といい、実にいい加減なタイトルでスイマセン。タンゴ用に今でっち上げたタイトルが示すように、この楽曲は本番当日作ったもので、作ったはいいものの、タイトルが決まらなくて、どうしよう現場出発まで

「あと5分」。

譜面はこうです。

簡単なリフを転調させてそれでも足りない部分をちょっと補っただけのものです。

コーダはピアソラなリズムを使ってここが得意のフンドシ演奏、延々とできるようになっています。

ピアソラリズムだから、タンゴのために書いたかというと、コレ全く100%そうじゃなくて、ジャズのピアニストとDUO演奏をするために書いたものです。

自分の曲の解説は自分で書いていてもつまんないものです。これで終わりでスイマセン。

 

さて。

ワタクシは高校の時に、近所のジャズ喫茶の存在を知って、以降通ってしまったジャズ喫茶最後の世代なんですが。
さきほど、ハタと思いついて。Youtubeで

「jazz Full Album」

と検索して、映しだされた画面にビックリ。

まだやってないみなさまどうぞやってみてください。

我が青春と共に、カネがないというのに無理して買ったアレやコレが、なんでもあるではないの。

私は商売柄、PCとオーディオを結んでいるので、そこそこの音量と音質でPCからの音源が聴けるようにしてあるんですが。

されどMP3だったはずの音質が…。

いやどうも。恐れいりました。

Youtubeのプレイリストにこれらを登録してしまえば。

昔懐かし、中野ビアズレー(当時通っていたジャズ喫茶です)の再現。

一日中好きなアルバムがかかります。いや一日どころか一週間分くらいできちゃう。

ワーイワーイ。

と、喜んでいる場合か。
…。

これがタダ。
つーかコレ、いいのか?

日本のものはフル・アルバムどころかシングルでもすぐに消去されますよね、例えばキャンディーズはテレビ画像みたいなのを残して、レコード音源は削除されています。

キャンディーズはダメでジャズならいいのか?

ちょっと前は、音質がまあそんなもんだからタダでもしょうがないんじゃない?うちはちゃんとした音質で、ちゃんとオカネも取りますよ、とGoogleの商売敵のアップルの創業者が生前言っていましたね。つい昨日のようです。

今再生してるんですが。

いやどうも。これまた恐れいりました。

48khzなのコレ?

つーことはCDより上?マイッタ。

…。

 

まあ私は録音物の印税でウハウハということはないとしても。

この商売、ますます厳しい。

今、マイルスのネフェルティティがかかってるんですが。

コレ何年?1967年あたりだっけ。

今調べてみたら当たりでした。ちなみにアマゾンだと新品が¥3,316。
今から46年も前の作品だから、賞味期限が切れて、やまやのワゴンセールみたいに

タダなのかと書こうとしたのに、ちゃんと買うと1000円じゃ買えないのね。

なのに、Googleではタダ。

誰が新品で買って、誰がタダでワーイワーイと聴いているのか、後者はワタクシ。

喜んでいいのか憂いたほうがいいのか。

うう、頭がおかしくなりそうだ。
…。

アレか。

今の世代は、作品単位で音楽を聴かない、ituneが朝の通勤時には、やる気なプレイリスト、夜は癒しのプレイリストというふうに、1曲単位を個人で扱うのが常識だから、

フルアルバムで選曲や曲の頭出しが出来ない一方通行なyoutubeの音源は、
どうせオヤヂと一部のプログレファンしか聴かないと。

つまりオヤヂと一部のプログレファン(こっちもおおよそオヤヂ)だけが

ワーイワーイと喜んでいる。

オヤヂは、若かりし頃、

つまんない作品でもプレイヤー(ターンテーブルではないですよレコードプレイヤー)まで行って針を上げるのが面倒で、しょうがないからA面だけでも って渋々聴いてだね、

そうすると2曲めが案外よかったり、翌日せっかく買ったからB面も一度は聴くべとかける頃には、案外コレいいんじゃない、

それがこのネフェルティティだったりするから、若い感性なんて、アテにはならないものなのよ。

うっかりこれを読んでいる若者諸君。きみは30秒聴いて、気に入らなかったらハイ次。って、やってはいないかね。

で、一応聴いたことにして、ジャケットで楽曲タイトルとメンバー覚えて知識にして仲間にひけらかしてはいないかい?

まだまだだな。

オヤヂはタイトル、メンバー、録音年、だけでなく、アドリブのメロディまで覚えている。

オヤヂは、何度も何度も聴くしかなかったから、つまりカネもyoutueもなかったからだね

同じLPをですね、CDじゃないよLPね、これを何度も何度も聴くわけね。

なので

ジャイアントステップのアドリブを覚えちゃってだね、口ずさめる人はオヤヂよ。

ラウンド・ミッドナイトのコルトレーンが出てくるところなんか、節回しまで完全コピー。

でも、何故かギターじゃ弾けないのよ。

…。

そんなで、

半年前に、桜座の音源と映像が手元に来て、これYoutubeに上げて一発勝負と言っていたのがずっと昔のことのようです。
桜座っていうのは、このフンドシブログでタンゴ解説で使った映像と音源ね。

この映像、実は思ったほどヒット数稼げていません。

意外でした。

というのは、3年前だったか、やはりツアーの映像を上げてるんですね。こっちは、そこそこヒット数が堅実に伸びたんです。

質的にも演奏の内容から言っても、3年前がこの数字なら、

今回の桜座なら、どうだ!と思っていたんですが。

同じように どうだーと思う人が昨今、日本どころか世界にたくさんいるわけで。

すごい勢いで映像がアップロードされているんですね。

相手はタンゴバンドとは限りません。

バンドだけとも限りません。

世界各国、リベルタンゴなバンドに混ざった我々の画面の上とか横とかに。

Miles Davis – Nefertiti [Full Album HD]

 

いくら昔のものだと言っても。

サウンドだけで映像がないと言ってもですよ。

これは相手が悪いというか。

しばらくYoutubeは相手にしないほうが良さそうな。

 

ちなみに、フル・アルバムなピアソラはどうかというと。

調べてみました。

今ちょっと見たところ、Full Albumと書かれてアップされているものはほとんどありませんでした。

なんで?

え?TPPがらみ?

まさか。

…。

すごい早さで世の中変わっているのね。

みなさん、ついていってますか?

半年後はどうなっているのやら。

 

茨城のジム・ホールを目指して、こっそり練習して、余生はコレだと思っていたんだけども。

古いものや、すでに誰かがやっているものは、どうも今は厳しいようですね。ジム・ホールなんて誰かがどころか本人がいるわけで。

…。

演奏できなくなると私はとても困るというか、やることがなくなってしまいますので。

ひねり出すか。

それとも、しばらくおとなしくしているほうがいいか。

今までどおりマイペースにやってりゃいいか。

気になるところです。

…。

今回もそこそこな長さのフンドシになりまして

おそらくここまで読んでいる人はもう数少ないと思うので、

もう一言、書きますと。

今日ご紹介したイチロウQ2.0音源の編成をワタクシはとても気に入っています。

自由もあるし、通常のジャズではあまり似合わない「情にも訴えられる」ところと

音が薄くてペラペラなのが好きで。サスティーンで引っ張る楽器がないですから。
薄くてペラペラ、みんな一体なんだけど、バンドネオンもバスクラもギターもどこかそれぞれ孤独にポツーンとしているような。

それがやりたかったんですね。

ではなんで長続きできなかったか。

私のギター演奏があまりにもあんまりで、恥ずかしくて、出直そうと思ったから。

人に音源聴かせといて書く話じゃないんですが、

私のギター以外は、思ったとおりというより、かなり理想的だっただけに。

もっと練習して上手くなったらまたやろうと思っていました。

 

  2 comments for “Five Another Minutes イチロウQver2.0 2008

  1. メグヤマ
    2013年3月21日 at AM 10:56

    凄い!
    今回も尺がドンピシャ合ってました。

    出だしからスタジオ録りだと思って聞いていたのに、実はライブだったと知ってビックリしました。
    お客さんの気配を消してしまうほど、引き付けられる演奏なのですね。

    いつも思いますが、曲が書けるというのはうらやましいことです。
    どの曲も温かみがあって、独創的で、「自由」を感じます。

    youtueのfull albumは、農作業時にとても助かります。
    長いものだと、2時間くらい手放しで鳴り続けてくれますからね。
    イチロウ劇場も全部つないでアップしちゃいませんか?

  2. ichiro
    2013年3月21日 at PM 10:49

    コメントありがとうございます。そういえばイチロウ百選はYoutubeには上げてないですね。オリジナルだからそのまま配信できるんで。というかイチロウQをはじめた当時はちょうど著作権問題が表面化していた頃で、オリジナルにこだわったのは、その対応としてでした。CD作るにしてもネット配信するにしてもカネかかるからこの方法しかないと思ったんですね。
    この音源はなってるハウスのライブをワンポイントマイクとギター専用マイクの3本で録ったのかな。みんな弱音楽器なので録音には向いているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です