【お待たせしました】スケジュールを半年ぶりに更新しました

みなさまこんばんわ。

半年ぶりにスケジュールを更新させていただきました。

感無量です、生きててよかったです。

また演奏出来ることは当たり前といえば仕事だから当たり前なんですが

今となっては

ちっとも当たり前でない、偶然の積み重なり に思えます。
演奏というのは生きている証そのものです。



今はどうやら演奏といってもカラオケの延長みたいなものから生涯学習クラブから?まあいろいろみたいで

なのでいろいろでいいと思うんですが。

私が言う演奏というのは真剣そのもので、屁をこきながら出来るタイプのものとか、

馴れ合いな仲良しごっことか、そういうんじゃないんで。

なので生きている証なのですよ。

関わり・共鳴。

イチロウver2のテーマはコレ。

なので突然ですが

楽しいだけでいいのか。

楽しくないよりはそりゃいいけども。

馴れ合いはいつか、いやけっこう早いうちに飽きますから

飽きちゃったら他のことやるなり違うジャンルに移るなりと

まあ人に指図されなくてもおそらくそんなふうになるとして。

これもしょうがないですね。

なので。

私のように性懲りもなく、すなわち

飽きてもまだ音楽をやっていたい人に向けて

楽しいだけでは味わうことができない境地で

いこうかと。

時代は混沌としてますからプロ・アマ問わずです。

どうぞ関わってください。



私の知っているジャズは、馴れ合いなんかじゃない

むしろ逆方向だったような…

自立の上、孤独の先にある一期一会の

関わり

このように私は若い頃、習っちゃったもんで

今でもそういうものだと思っています。
時代が変わっていろんなスタイルが出来て、それはそれでいい。

私が知っている姿勢のジャズだけが正しいとは言いません。

いろいろある中で、いつの時代も

聞くに値する

魂が関わり合う相対的な音楽

これを大切に演じながら、

そろそろ時間に限りが見えて参りましたので、

このノウハウを同じ姿勢の音楽に関わりたいかたに

もし良ければお伝えしていきたいと考えています。
でも仲良しこよしで楽しくやってる人たちにしゃしゃり出てって

おいおいそれもいいけど、これはどうだい

そんな野暮なことは

してるヒマがないんでやらないと思います。

それはそれ、お好きにどうぞ。
セクシー水着でジャズ・フェス出れる。

それも時代ならお好きにどうぞ。

私は私の知っているジャズをやっていくだけです。

タンゴと言われる音楽も私が関わるものなら

私にとってはジャズと前から言ってきました。

相手がいる限りやれるとこまでやっていくだけです。
すなわち

ジャズは全ての相対音楽

私はそのように捉えています。

相対音楽というからには

真剣ですよ。

相手がいるからね。

人というのは無限に複雑なので

真剣でないと失礼ですよね。
そんな音楽を

イケるところまで

やれるところまで

やっていきますから
私に関われる人はどうぞ

関わってください。

年齢性別国籍プロアマお客さんすべて不問よ。

とかいって

力んではいないんですよ。イケるとこまでってことはね、いつか行けなくなるときが来て、

今回はその駆け引きを散々経験しましたから。

「ミュージシャンでないという選択肢があってもいいのでは?」

イチロウ通信、前半の山場がこの問いかけ。そんなこと言われたこともなければ考えたこともない。

はっはっは、イケるとこまでという偶然、生きているという偶然。

なので、力むことはないんです。夢から覚めるだけね、つまり。

それは案外日常なのかもしれない、けど、そんなことはそうなったら感じればいい話で、

目の前のことをひとつずつ

でしたね はい。そんなふうに演奏が出来る喜び、そこに共演者、すなわち仲間がいる喜びをその都度感じてやっていくだけで十分ですよ。

 

なんてね。

 

ふふ~ん。

ワタクシ”この世の彼岸”より一旦でも帰りまして

与えられました使命?大げさですが、まあでも音楽の神様と利根のほとりの弁天様がもっとやれやれと「イイネ!」つけてくれたんだも~んって、なんだソレ。

と、まあ そういうことです、ファンキーモンキー、イカれてるよ。

なんだかわかんないけどそーいうこと。

従いまして

スズキイチロウver2.0で、ございます。



へ? ver2?

つーことはver3もあるのか。

あったらいいですねえ。

音楽はいつでも夢とキボ-ですよって

これもずっと言ってきたじゃん、はっはっは。

年齢関係なしに成長できるからね。

相手が人である以上、飽きることなく。

それはまるで長い旅のようです。
皆様応援ありがとうございます。

また演奏できることになってほんとうに嬉しいです。

何度も書きます、生きててヨカッタです。
マイペースでまたやっていきますので、どうぞ気が向いたらお気軽に聴きにいらしてくださいね。

ワタクシ、共演者運は強運ですからねー。演奏は私がダメでもたいがい良いから安心です。

 

つーか、半年も休んで演奏、大丈夫なのか?

なので、聴きにいらしてというより、会いに来てください。

 

いつでもまた お待ちしています。

 

 

 

 

  2 comments for “【お待たせしました】スケジュールを半年ぶりに更新しました

  1. 米澤きよし
    2016年2月10日 at AM 7:52

    お久しぶりですたまにわライヴやりましょう!一昨年夏屋根の上で死にそうにたったとき思ったのは演奏中ならなっとくいくのに!

  2. Carlos Sato
    2016年5月18日 at AM 11:47

    Fundosi イチロウ さん
     お久しぶりです!!秋田のtango locoのK・佐藤で~す。 夏の東北ツアーにまた、秋田に寄っていただいて感謝です!!地方ではライブが少ないので皆さんのツアーが楽しみです。元気な演奏を期待しております。7月2日、キャット・ウォークで会いましょう。
    今回は秋田中南米音楽同好会の主催となりました。前回よりは動員が増えるように、頑張りますから。フンドシ・ブログも合間をみて更新してくださいネ。 ヘバ、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です