2015年応援ありがとうございました

本日大晦日、2015年も今日で終わりです。

生きててヨカッタです、いやホント。

来年の今頃もできれば生きててヨカッタと思っていたいものです。

さらに言えば、五体満足であればなおさら。

一度は何かと覚悟をしたものの、厳しい治療が無事に終わって一段落してみると

今持っているものは何一つ失いたくない、命が惜しいです。

それは結局のところ、生きているということは、みなさんと一緒にいるということ

ということに尽きると思いました。

誰かと一緒にいる時に

ちゃんと話せれば、一緒にいるときに便利だし、

ギターが弾ければ、唄の伴奏になるから便利ですよね。

なので、指も声も失いたくないと思いました。

当然、命も。これがないと一緒にいられない。

…。

いつしか私は不健康なことをスタイルして、

不幸なこととうまくいかないことをごちゃ混ぜにして、

長生きなんていなくてもいいと思うようになっていたのですが。

これを 関わらなくてもいい と、置き換えてみると、

私が長生きしなくていいということは、あなたが長生きしてくれなくていいということで。

誰もが生きていても死んでいてもいいということは、

死んでも別に構わないと

同じことで


それは、

何も生まれようがない、

面白くもなんともない、

平衡状態

これは誰も望まぬ最低のことですね。




自分のために人を騙したり利用したり、

貧困に苦しんでも、病気に苦しんでも、

孤独に苦しんでも、

知らんぷり、

関わろうとしないってこういうことだよね。

不健全ね。

今の世の中、どうもね、おかしいでしょ。

これだよね。

関わろうとしてないって怖いんだよ。

細胞同士が機能不全で死んでしまうことと同じ。


だって

関わることは生きることで、生きることは関わろうとすることそのものでしょ。


今年の私は、多くのものを犠牲にして、

命=関わり というキーワードを手に入れました。

それは今まで長いブログで繰り返し「夢とキボ-」と記してきた音楽のチカラと、

見事に重なりまして、

来年また演奏の場に戻れた際には、きっと私の味方になってくれることでしょう。


私の音楽が一体誰のために何をするものなのか?


こうなるとすっきりしてきましたよ。


私に関わってくれるかたに向けて、私が関われる音を奏でていくってことですね。


生きていないとこれは出来ませんからね、

しかも

長くやるには長生きしなきゃなんない。

はっはっは。


私は今、自分の命が惜しくて惜しくて、まさに命乞いしてんのよ。

どうです、ある意味、健康、いや健全そのものでしょう。


2016年こそ平穏無事な日常が戻ってきますように。

今年お会いできなかった皆様と来年こそはお会い出来ますように。


…。


さて。

こんなクソッタレな2015年ともやっとオサラバです。もういっかい言います、生きててヨカッタです。


皆様応援ありがとうございました。



スズキイチロウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です