私にとって譜面とは何だったのか?

みなさまこんにちは。ナガイネ!のフンドシブログ。

実は「ミジカイネ!」も書けるんですよ。フンドシの逆って何?スーパービキニ?Tバック?

まあいいか。いつもナガイネだけだと思い詰めてしまいますからね。

今回のお題は「私にとって譜面とは何だったのか?」です。

では


たまには録音してみるべ と昨日のプチローズでこの気合の入れよう。

2015-07-18 20.08.39

どうです、まるでECMレコードの録音風景のよう。

通常のライブで使わないものをたくさん持って出たわけですが。

店でこのセッティングが終わって一息ついた頃 の

誰もいない我が自宅…。

2015-07-19 03.11.03

 

録音機材をあれもこれもと慌てた挙句に勢いをつけて現場に向かったのでしょう、スリッパが物語っていますね。

と笑いをとるどころではない。

 

2015-07-19 03.11.23
はい、ワタクシ人様の前で演奏をさせていただきまして20数年、ついにやってしまいました。

はじめて譜面一式を「全部忘れ」で現場入り。ギターをケースに入れ忘れて現場入りしたことはあっても譜面を忘れたことは今まで一度もなかったんですが、ついに試練の時は来たれり。

何度も繰り返し弾いてきた曲ですから、譜面なんぞいら〜ん

と開き直って演奏してきたわけですが。

さきほど録音物を聞いてみました。

ピアノはまるでECMレコードのようにきれいに録れておりましたよ。今さらながらミユキさんってピアノ上手いねさすがだね。

そしてワタクシは…。

 

今日のお題。

私にとって譜面とはなんだったのか。

それは

「見ていないようで案外見ているもの」

でした。

昨日プチローズに足を運んでいただきました皆様、お顔なじみのかたばかりとはいえ、誠にスイマセンでした。

 

次回は完 全 暗 譜 で 臨みます。

今後も進化し続けるミユキタンゴにみなさまご期待ください。

 

おわり

*9月ミユキタンゴフルメンバーによる仙台公演決まりました。
http://www.miyukitango.com/events/event/20150910

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です